2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト 

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

春一番伊達ハーフマラソン完走記 

2008.04.20 (Sun)

2008年4月20日(日)
伊達ハーフマラソンが開催されました!
北海道のシーズン初となるこのレースは今年の脚力を占うべく、
多くのランナーが参加する大会です。

当日の朝、起きると快晴!
伊達まではJRで50分程なので、朝8時に家を出れば余裕。
なので、起床は6時。ホットカフェオレと納豆ご飯といういつもと同じ朝ご飯を
食べ、無事にトイレも済ませて(これ大事)、JR乗車。
JR内でキオスクで買ったチョコレート1枚を平らげ、9時ちょっと過ぎに伊達到着。
たくさんのランナー達が会場へ向かっていました。

JRから会場までは2kmくらい??途中でコンビニで水とあんパンを買って
会場には9時30分くらいに到着しました。
すでにたくさんの人!!
2階の女子更衣室で着替えを済まし、あんパンを食べて(っていうか朝から食べ過ぎ?)
アップしに外へ。ランシャツを着てみたけど、外は暖かくて良い感じ!!
ウェアはランシャツに決めました。

ジョグノートの仲間がいないなあ・・・と思いつつ芝生の上をちょっとだけ走り、
ストレッチをしてまた会場の中へ。
そうしたら「おんちゃん!」と声をかけられ、振り向いたらジョグノートメンバー勢揃いでした。
私の上下ピンクのウェアはかなり目立っていたらしく、無事に発見してもらえました。
レース前にみんなで記念撮影。決戦前の一枚。
date


会場には屋台が出ていて、おにぎりやら豚串やらおいしそうなものだらけで、
一瞬豚串に心が揺らぎましたが、これまでかなりお腹に入れてしまったので自重です。
食いしん坊には目の毒でしたわ。

スタートラインは会場からちょっと離れた場所にあるので、10分前に移動。
後方スタートです。とっても暖かいので、待っているのも苦じゃない。
久々のレースにちょっとウキウキしながらのスタート待ち。
前方にテレビカメラがいたので、どうやったら自分が映るか・・・なんてかなりお馬鹿な
ことを考えながら時間は過ぎ・・・。

「パーーンッ!」

10時50分。号砲鳴ってスタートです。
テレビカメラの前で両腕を振ってアピールしつつ会場を出ます。
後方スタートだったので、それほどスピード感はありませんでしたが、
ガーミン(リアルタイムで速度がわかるGPS時計です)はキロ5分30秒。

練習では最初の2kmが足重でキロ6分でもつらかったのに、みんなに引っ張られて
流れに乗って走ります。商店街らしき場所を走り、途中太鼓のパフォーマンスや
沿道の応援もあって、今まで河川敷のレースばかりだった私としては公道を走る
ことが新鮮でした。

1kmごとに表示があったらしいのですが、最初に見かけた表示が3km。
3kmが16分53秒。1km平均5分35秒で走ってきたことになります。
そうこうするうちに、公道からサイクリングロードらしき道に入りました。
この地点でかなり人もばらけてきたので、「本日の獲物」探しに入りました。

「本日の獲物」とは、ペースメーカーになってくれそうな人のことです。
私のペースよりもほんのちょっと早くて、足の筋肉がしっかりしていて、
引っ張っていってくれそうな人です。でも、なかなか獲物がいません・・・・。
「この人!」と思っても、いきなりペースダウンしたり、アップしたりで
なかなか私の理想となる人がいない。

そうこうするうちに5km 27分47秒。ペースは保っていました。
天気がとても良くて、気持ちがいい。
前方には昭和新山も見えてきました。景色を楽しむ余裕もありました。
獲物は見つからないのでガーミンだけを頼りにこのペースで刻むことに。

「このまま行けば2時間切れるんだけどな~でも、このスピードはキープ無理!」
そう思いつつ、走れるところまでこのペースで行こう!
と思ったときに、獲物発見!!
盲人ランナーの方だったんですけど、併走者とロープを繋いで走っていました。
後ろから私を軽く抜いて走り去ろうとするので、この人に力を貸してもらおうと
思いました。

給水所で給水。
トレッドミルで「走りながら水を飲む」という技を身につけた私。
走りながら格好良く紙コップを受け取った後は華麗に給水・・・・
と思ったら、顔面に水を浴び、オマケに鼻の中に水が入りまくって痛い!
ウエアもびしょ濡れに。
そうです。私、紙コップの縁を潰さずにダイレクトに飲もうとしていました。
トレッドミルではペットボトルだったので、紙コップを潰すということは
学習していませんでした。トホホです。

7km地点くらいでしょうか?
上り坂がありました。伊達のコースは上り坂勝負だと聞かされていたので、
「とうとうきたな!」という感じだったのですが、差ほどつらくなく獲物も抜いて
しまうほど快適な上り坂。
「なんだ。たいした坂じゃないジャン」
で、登り切ったら下り。

普段は下りを走ったことはなかったけど、力を入れないで惰性で走っていました。
転がり落ちるっていう感じです。すごいスピードが上がって楽しい~♪
下りサイコ~~~~!

そうこうするうちに10km。56分4秒。
このタイムを見たときに、2時間切り達成できるんじゃないか?という
気分になり、真面目に狙っていくことにしました。
「もう、上り坂もないし、あとはこのペースで刻んでいけば行けるかも!」
ワクワクしながら、でもあくまでもこの5分30秒というペースを意識しながら
走ります。体の疲れもまだそんなにありませんでした。

しかし、次の瞬間に私の目に飛び込んできたのは!

遠く、上方にあるトンネルの入り口。
しかも、多くのランナーがそのトンネルに吸い込まれていきます。
そうです。これが本当の伊達の上り坂だったのです。
さっきの上り坂はただの小手調べ。

そのトンネルに繋がる坂道がどんどん迫ってきます。
坂道は結構な坂で、たぶん1kmくらい??
坂を上がりきるとトンネルの中を走ります。

その坂道がつらいこと、つらいこと。
一気に速度がキロ6分30秒に転落。
その時点で「2時間切りは無理だな・・・」と諦めモード。
周りの人もつらそうな表情です。
でも、上ったらあとは下るだけだから、と自分に言い聞かせて
頑張って歩かずに上りました。

でも、いつまでたっても下り坂こず。平らな普通の道が続きます。

13km付近から太もものあたりがつらくなり、
その給水場で10秒程屈伸してストレッチをしました。
トンネルの中で獲物に抜かれたのですが、また前方に発見!!
その人目指して走りました。

15km付近から待ちに待った下りです。
15kmが1時間25分59秒
残り6kmちょっと。キロ6分で走ったとして残り36分。
そうなると2時間2分台。
その2分を縮めるにはやっぱり5分40秒程で走りたい。

頭の中でサクサク計算しつつ、どうしても2時間を切りたいという
思いで走っていました。
下りの道はとにかく力を抜いて、心持ち大股で走りました。
足にブレーキをかけないように気持ちよく軽々しく走るように。

前回のハーフの時は15km地点からキロ7分台に落ち込むほど
ダメージがあって、何度も歩いていましたが今回はスタミナ十分です。

キロ表示を見る度に2時間切れるのかそればかり計算していました。
周りのスピードが落ちていく中、何故か私はまだまだ元気。
自分のどこにこんな力が残っていたのかは謎だけど、
とにかく「絶対に2時間以内でゴールしたい」
この気持ちだけが自分を支えていました。

周りの人達をごぼう抜き状態で残り1km。 
1時間53分22秒

2時間切りが確信に変わったときに、先にゴールしていたあさこちゃんの
お迎えラン。それに手を振り、答える余裕がまだまだありました。
ラスト1kmになると周りのペースも上がります。
会場内に入り、前方には「FINISH」のゲート。

サングラスを外し、写真をとってもらえるように(ネットで写真が買える
オールスポーツさんの撮影があったようなので)、両手で万歳のポーズで
ゴールしました。1時間59分2秒。

2時間切ったど~~~~~!!

とにかく嬉しかった。
最近の走りからみると2時間は無理そうだったので
奇跡です。


やっぱりレースは不思議な力が出るみたいですね。
「獲物」となってくれた障害者の方は私よりも先にゴールしていました。
障害があっても、マラソンができる。私ももっともっと頑張ろうと思いました。

ハーフ2時間切り。初心者ランナーの最初の壁。
まだまだノロノロランナーだけど、夢だった北海道マラソンのスタートの権利を
ゲットしました。

出るぞ!北海道マラソン!!

何キロ地点で収容バスに乗るかわからないけど、
道マラまであと4ヶ月。せめて20kmは走れるようにこれからも
走り続けたいと思います。
スピードトレーニングもちょっとしようかな。

2時間切れたらご褒美に食べようと思っていた会場近くにある
牧家のソフトクリーム。
すごい楽しみににしていたのに、売り切れだったよぉーーーーーー
でも、振る舞われたきのこ汁が美味しかったから、よしとしましょう。

伊達ハーフマラソンは天気にも恵まれたし、景色も綺麗だったし、
とても良い大会でした。
運営の方々に感謝したいと思います。
来年も出るぞ~~~

手元時計時間
3km  16:53
4km   5:22
5km   5:29(27:47)
6km   5:39
7km   5:44
8km   5:44
9km   5:50
10km  5:18(56:06)
11km  5:44
12km  6:18
13km  6:21
14km  5:45
15km  5:45(1:25:26)
17km  11:02 ※16km計測漏れ
18km  5:26
19km  5:28
20km  5:26(1:53:22)
21.1km5:39(1:59:01)

平均 5:37/km
このラップ見たら、北海道マラソンは確実に収容バスとのデッドヒートです。

ランナー達のブログ
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
スポンサーサイト
【編集】 |  20:52 |  レース報告  | CM(2) | Top↑

コメント

■思い出します!(^_^)

楽しく読ませてもらいました。

初めて自分が走った時のことを思い出します。
自分が走ったときは道マラがハーフでも良いとは思わなく(勘違い)周りの人たちに言われて分かりました~
やっぱり嬉しかったです。(^_^)
yagi |  2008.04.21(月) 21:09 | URL |  【編集】

■http://link.blogmura.com/link/c/242378?url=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fsugimken

おんちゃん さん
始めまして。
伊達ハーフの、ラップは、立派。走り始めて、1年もたたないのに。とりあえず、JALマラソン、完走・・・ですね。私のハーフタイムとあまり変わりませんね。
私の「ウルトラ完走の極意・・・」、も覗いてください。タイトル「シルバー・アスリート日記」です。
sugimken |  2008.04.28(月) 12:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。